せんだんにあおばずく

くすのせ たけあき

 

おーい、ふくろうくん

きみはそこでなにをしているんだい

みねるうぁのふくろうは

よるとぶんじゃなかったのかい

 

あるなつのごご

こどもたちと

きんじょのだがしやに

じゅーすをかいにでかけた

 

ごにんのこどもは

われさきに

だがしやめざして

ひたはしり

 

ところが

まえからにばんめ

たちどまり

つぎつぎつぎと

たちどまる

きょうそうあいてをなくし

まえをはしってたこも

まいもどる

 

ごにんがせいぞろい

みんなのしせんのそのさきに

いちわのふくろう

それともみみずくあおばずく

 

ほっほーほっほー

 

ふたかかえはあろう

せんだんの

したからじゅっしゃく

こちらをみているあおばずく

 

 

ふくろうをみにいくのが

にっかになった

ひるさがり

いつもふくろうはそこにいた

 

こどものかんせいに

するどいめをむけ

ちかくのやまに

とびたつことはあっても

ひるさがり

ふくろうはいつものばしょにいた

 

おもえば

ものごころついてから

せんだんはかわらぬすがたで

ぼくらをみおくり

ぼくらをむかえてくれた

 

ちょうどいえから

ひゃくめーとる

どうろから

おしだされるように

おおきなすいろのほうへ

からだをかしげ

たっていた

 

ひさかたぶりの

きせいのばすから

せんだんのみえたとき

ぼくらは

ほーっと

いきをついたものだ

 

つぎのなつ

せんだんきえた

せんだんきえて

ふくろうきえた

ホームページにもどる